やまいち鈴木農園

りんご

 南信州は地理的に太平洋に近いため、降水量の多さや生育期間中の気温の高さ、収穫期の気温の寒暖差などから、りんご自体に濃い甘味が含まれ、水分が多いジューシーな果実になります。

 当園は、11月中旬から収穫される「ふじ」に偏っていた品種構成を、自然環境や消費者ニーズを加味して再構成してまいりました。県内外の優良品種、新品種を導入し、南信州に合った適正な品種構成により、おいしいりんごの栽培・生産を目指しています。

ふじ

 果実の形は円または長円形で、果皮に濃紅色の縞が入るように着色します。当園では、果皮全面にベタベタと紅色厚く着色する品種系統ではなく、比較的果皮の薄い縞の入る系統のふじを栽培・生産しています。

 果肉は白または黄白色で、11月後半に成熟するとミツが入り、果汁が多く濃い甘味に適度な酸味が出て、食味が優れたりんごに成長します。

 ふじは、11月下旬から12月にかけて店頭に並ぶ、お歳暮・ご贈答シーズンのりんごです。

秋映(あきばえ)

 果実の形は円形です。濃紅色または濃赤色に色づき、甘みは強く、ほど良い酸味もあって、甘酸のバランスがとれた食味の良さが特徴です。

 9月下旬から収穫が始まり、シナノスイートとともに、10月にりんご狩りができる品種です。

シナノスイート

 果実の形は長円形で、薄黄色または黄緑色の果皮に明るい赤色の縞が入るように着色します。

 果肉は黄白色または薄黄色で、10月前半に成熟します。果汁が多く、適度な甘味が特徴で“万人受けする”りんごと言われます。完熟したりんごにはほとんど酸味を感じません。りんごの酸味が苦手な方食べても満足していただけます。

シナノゴールド

 10月中旬に収穫するりんごです。黄色いりんごで甘みが強く、酸味は中程度、果汁多く食味良く、外国の人にも喜ばれるりんごです。ミツ入りはありません。日持ちは3週間程度です。

 当園では出荷用に栽培していないため、観光でご来園いただいた方にのみ販売しております。

果物狩りのご予約フォーム お問い合わせフォーム 果物のご注文

やまいち鈴木農園